ブログランキング・にほんブログ村へ

7/25.

b0116222_2312126.jpg

先日、滋賀県立近代美術館に行って来ました。
とても気持ちの良い日で、朝早くからお出掛けです。



b0116222_2313182.jpg

目的はもちろん、「ロトチェンコ+ステパーノワ─ロシア構成主義のまなざし」

b0116222_23164368.jpg

FRANZ FERDINANDのYOU COULD HAVE IT SO MUCH BETTERってアルバム、
おそらく皆さん御存知ですよね。これ、ロトチェンコの作品をモチーフにしています。

僕の中で、ロトチェンコって言う人は、未来志向でミニマルなアートを描く、言わばテクノな人。
(ロトチェンコ自身、スキンヘッドで眼鏡かけてるので、ドイツあたりのミニマルテクノの人みたい)
奥さんのステパーノワって人はあまり良く知らなかったのですが、
ロトチェンコの作品だと思っていたものが実はステパーノワの作品だったりして。
初期の頃は特に、ロトチェンコよりも力強い作品を残していました。

二人に共通して言える事は、「点と線」でどこまで芸術を表現出来るか。
そして、そんな閉塞感すら漂うストイックさから、「労働階級の人たちへ向けての芸術」へと移っていく。

これがロシア構成主義の流れなんですね。日常の中にどれだけ芸術を持ち込めるのか、
そんな革新的な挑戦が、とても良く分かりました。
多数展示されていた広告ポスターは、どれも簡潔で広告として分かりやすく、
それでいてデザインも優れており、とても格好良かったです。

テキスタイルデザインや服のデザインなんてのもやっていて、これがまた面白かったです。
服は「労働階級」なんて言うだけあり、やたらと格好良いワークウェア。
他にも演劇、写真に建物、家具なんてのもデザインしています。(要するに、何でもアリ!)

僕は初期〜中期の転換期の作品で、
ミニマリズムを突き詰めていった結果に生まれた「単色」の力強さに圧倒されました。

abdul haqqの作品や、未来志向なテクノに通ずる作品が多数あるため、
テクノ(特にデトロイト)好きな方には強くオススメ出来ます。

b0116222_23345360.jpg

お土産も充実しています。
ハンドタオルは、ステパーノワのテキスタイルデザインを使用しています。
クリアファイルは、ロトチェンコ、ステパーノワの実際の作品が載っています。
他にもTシャツ、エコバック、マグカップにロシアらしくショットグラスまで。
どれも変に高くなかったので、とても満足感ありました。

b0116222_23401223.jpg

滋賀県立近代美術館は、図書館や公園等も一緒に併設されており、
とても広く、ゆったりした空間です。美術館もあまりかっちりしていなく、
雰囲気としては市民会館みたいな感じ。とてもまったりとしていて、非常に気に入りました。
また行きたいなあ、と思える場所です。
[PR]

by nvk07 | 2010-07-29 23:47 | OLD

<< 8/2. - TKYMTG. 7/28. >>