ブログランキング・にほんブログ村へ

11/26.

b0116222_23523883.jpg

マイケルも良かったけど、こっちの方が心に残っています。



劇場で涙したの、初めてかもしれない。
ぜひ、みなさんも観て欲しいです。



「生命は」    吉野 弘

生命は
自分自身で完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする

生命はすべて
そのなかに欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思えることさも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻の姿をした他者が
光りをまとって飛んできている

私も あるとき
誰かのための虻だったろう

あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない





多分、inomontaさんはもう観ているはず!
だって、ライオンキッチンタイアップ!
[PR]

by nvk07 | 2009-11-25 23:59 | OLD | Comments(6)

Commented by inomonta224 at 2009-11-26 10:14
すいません。最近の週末はもっぱらサッカー観戦の為に観に行く時間がなくて行けてないんです…(汗)

いつまでやってるのか調べておかないと!
Commented by future042 at 2009-11-26 13:30
観ましたよ。
なかなか切なかったですよね。

それよりも板尾さんが怖かったですけど(笑
Commented by robi- at 2009-11-26 14:04 x
舞台挨拶に行くほどのミーハーファンですw
是枝作品は心をグッと掴んではなしませんよね。
東京という街をこれだけ生々しくも情緒豊かに撮れる監督も少ないのでは?と思わせます。
あとはペ・ドゥナの美しさったら!
Commented by nvk07 at 2009-11-27 10:50
inomontaさん

ブログ見てて、映画の余裕はなさそうだなと思ってました(笑。
ぜひ観てみてください!ライオンキッチンさんが、
太鼓判おすのも分かります。
Commented by nvk07 at 2009-11-27 11:53
future042さん

板尾さん、ハマり過ぎでしたね。
来年公開の板尾創路の脱獄王もとても楽しみです。
久しぶりにグッときました。
やっぱ泣ける映画は邦画です、僕の場合。
Commented by nvk07 at 2009-11-27 12:01
robi-さん

うわー、良いですね!
舞台挨拶って行ったことがないので、
どんな雰囲気なのか気になります。
彼女は結構いってるのですが・・。

是枝作品は誰も知らない、歩いても歩いても、
くらいしか見たことないのですが、
両映画とも、強く心に残っています。
ペ・ドゥナさんは、可愛すぎ(笑。
こんな人形だったら僕も(略・・

<< 12/1. 11/25. >>