ブログランキング・にほんブログ村へ

1/21 - ミドリと相対性理論

b0116222_21431139.jpg


あらためまして、はじめまして、ミドリです。 / ミドリ

後藤まりこのパンチラや猫なで声からデスボイスなど、話題には事欠かないバンドですが、
実際結構かっこいい曲を作ってると思うのです。





b0116222_21492090.jpg


ハイファイ新書 / 相対性理論


売れ過ぎで熟れ過ぎ。な感じが否めないですけど、相対性理論と言う選択は、
決して間違っていないのです。と思うのです。

日本のポップミュージックと言うものは、ピチカートファイブであり、
小西康陽さんであると思います。異論は認めますが、これに同意して欲しいのです。

そして、相対性理論。
ヤクシマルエツコさんと言う個性的なボーカリストが魅力的なわけですが、
相対性理論の本当の魅力は実は違うのです。

このバンドの一員である、真部脩一さんと言うベーシスト。
この方がソングライティングを全て手がけているそうなのです。
なんか懐かしい。なんか気になる。なんか好き。

ニューウェーブ的な何かと、日本のポップミュージック的な何かが結合して出来上がったのが、
相対性理論の音楽なのだと思います。

そこのあなた。ここで相対性理論と言う選択は、あながち間違っていないと思います。

願わくば、次のアルバムが出るまでにこのバンドのライブに出向き、
ライブ音源を録音してYouTubeに流して下さい。更なる感染を引き起こすでしょう。
責任は取りません。だから、やらないで下さい。



僕はどうも、フルネームで呼ばないで、下の名前で呼んで、などの、
胸きゅんドンズバワードが大好きみたいです。
それにしてもこの看護婦さんは、えらい美味しそうにタバコを吸います。
[PR]

by nvk07 | 2009-01-21 21:48 | OLD | Comments(8)

Commented by inomonta224 at 2009-01-21 22:30
nvk7さんは音楽詳しいんですね。
Ego-Wrappin'一辺倒の私の新境地開拓下さいw
しかし、ビッグウェーブ来てますね相対性理論。
Commented by RJ at 2009-01-21 23:35 x
年下じゃいけないの?

アルバムは声がハイファイになってますよね(笑)
ミニアルバムのスマトラ警備隊とかも好きです。
Commented by nvk07 at 2009-01-22 13:06
>>inomonta224さん
音楽は、一番好きです。服よりも。
でも最近は服ばかりにお金を使っているので、
非常によろしくないなあ、と思っています。
しかもカメラも買ったし。
inomontaさんの新境地開拓出来ると嬉しいのですが、
変な曲ばかり聴いているので、あまりウケは良くないと思います(笑
Commented by nvk07 at 2009-01-22 13:08
>>RJさん
ミニアルバムは元素紀行が一番好きです。
適当な歌詞がすごくツボです。

にしても数回聞いただけで頭に残るメロディって、
すごいですよね。
色んな歌謡曲を知ってないと出来ないだろうなあ、
と思います。

真部脩一さんと言う人については何も知らないのですが、
歌謡曲マニアだったりしたら面白いな、と思います。
Commented by inomonta224 at 2009-01-22 21:17
ファッションも笑いもベタが大好きな保守的な私ですが、nvk7さんが貼り付けるyoutubeはチェキります(死語ですねw)たまには初心者入門編もアップよろしくお願いします。
Commented by nvk07 at 2009-01-22 22:55
いえいえ、決して有益な情報ばかりではないと思いますが、
ちょちょいとチェックして頂けたら嬉しいです。
趣味に走り過ぎず、なるべく聴き易いものを選んでいきますね。
Commented by invisibleA at 2009-01-30 15:31
恥ずかしながら、「相対性理論」名前すら聞いたことがありませんでしたが、ここで紹介されたのをきっかけに、とりあえず「シフォン主義」を聴いてみました。

その結果・・・、今日は「ハイファイ新書」を買うつもりです。

いい年して通勤電車の中で「LOVEずっきゅん」とか聴いています。
個人的には結構歌詞がたまりません。
Commented by nvk07 at 2009-02-02 11:25
相対性理論は友人のバンドと何度か対バンしてて、
その繋がりで知った感じです。
その時はこんなに売れるとは思ってもいませんでしたが・・。

歌詞、たまんないですよね。
意味があるようにみえて意味不明で、
そのくせ結構胸キュンで(笑

はやくも次の動きが気になるところです。

<< 1/21 - Francesc... 1/21 - ZAZEN BOYS >>